震災から8年、UNITETOGETHERチャリティーコンサート 3/10

彦根カントリークラブで行われたUNITETOGETHER主催【風に乗って伝えたいチャリティーコンサート】に出演しました。

お越しくださった皆さんありがとうございます。

彦根カントリークラブでのコンサート出演は二回目になりますが、景色やスタッフの皆さんの人柄が良くて、とても居心地のいい場所です。

ゴルフはやったことがないですが、一度ここでやってみたいと思いました。

UNITEのみんな、共演した近藤洋平くん
、雪子さんいつもいつも楽しい時間をありがとうございます。

 

 

 

今年で東日本大震災から8年になります。

一瞬にして何もかもをのみんこんで、そこにいたすべての人の人生を変えてしまった大津波。

テレビの前で震えていたことを今も思い出します。

 

毎年UNITETOGETHERの活動では被災地に行って支援と交流を行っています。

僕らも参加させていただいて、何度も行くことができて沢山の大切なご縁をいただきました。

 

被災地に行って何か力になりたいという思いで行きましたが、いつも力をもらうのは僕らの方でした。

被災地の皆さんは優しすぎるほど優しい方ばかりでした。

 

当時の体験を聞かせていただくたび、心臓を握られるような苦しさ覚えます。

 

人の数だけ命のドラマがあって、人の数だけ壮絶な思いを背負った8年間があったと思います。

 

今被災地では様々な人が語り部となり自らの震災の体験を伝えています。

言葉にすることはどれほどの苦しみか想像もできません。

 

それでも一歩でも前に進むため、失った大切な命や街の記憶を繋ぐために、歯を食いしばって涙をこらえて伝えておられます。

 

まだまだ復興途中の被災地。

テレビやメディアに出ることも少なくなりました。

今僕らにできること、沢山あります。

被災地に旅行に行ってごはんを食べることもまた支援に繋がります。

 

そして出会いという繋がりを持つことです。

『あの人は今、元気にしているだろうか?』と思いを向けること。

 

これからも僕らは音楽や活動を通して被災地で感じたこと伝えていきます。

あの悲しみを忘れずに未来に繋いでいくために。

 

チャリティーコンサートでも歌いましたが、8年前に被災地を思い書いた曲です。

暗ければ暗いほど、星はきれいに輝きます。

被災地の星空に輝いた星は日本中、世界中の人の『無事でいてほしい』という祈りの輝きだったと思います。

人の命は巡っていくもの。

僕らもいつかみんな同じ場所に向かうでしょう。

離れたあなたといつか必ず会える。

その時に笑って抱きしめ合えるように生きていこう。

あなたとの思い出を心の支えに。

そんな思いを込めて書いた曲です。

 

【たったひとつ】

 

YouTube
https://youtu.be/GjSmpMmIkQk

アートブログ
wp.me/p8uMv6-1ty

ダウンロード販売
https://www.tunecore.co.jp/artist/jerrybeans#r510933

 

 

 

 

【JERRYBEANS講演ライブ依頼・お問い合せはこちらまで】

〈Tel〉080-9750-4646

(10:00~17:00 平日のみ ※都合により出られない場合がございますので、その際は留守番電話にご用件をお話しください)

〈Mail〉

jerrybeans2010@gmail.com