あの時僕にとってJERRYBEANSは逃げ道だった




今年でジェリービーンズが結成して20周年になる




バンドを初めたての僕らが20年後もまだバンドをしているなんて聞いたらいったいどう思っただろう




そんな先のことは考えてもいなかったし




20年もこのメンバーで続けているなんて想像もしていなかった






あの時僕は不登校の真っ只中で
未来のことを考えるのが一番怖かった




だからただ考えないようにゲームばかりしている時があって




そんな中で遊びの一つとして楽器に興味をもって


僕はドラムに出会った




今思えば僕はあの頃なにか物事に対して
悔しいなんて感情がなくて




それはやっぱり学校を休んでいるという罪悪感が強かったから
嫌なことがあっても”こんな自分だから仕方がない”なんていつも自分に言い聞かせていた




そんなある日
一緒にスタジオに入った友達に
ドラムが全然ダメだと言われ




その時
“仕方がない”ではなく
本当に悔しかった


そんな気持ちが僕にあるなんて不思議だったけど




単純にドラムが好きで楽しくて仕方なかったからだと思う




だから20年たった今もドラムへの気持ちは変わらなくて


楽しすぎて
ドラムを続けさせてもらっていて
申し訳ないなんて思うこともあるくらいだから






バンドの話に戻るけれど






ジェリービーンズはあの頃の僕にとって夢や希望というにはやはり申し訳ない気持ちが強すぎて


僕にとって逃げ道だった




中学校を卒業した後のこと
僕は怖くて考えないようにしていた




僕が未来を語ったら何故か怒られるような
そんな怖さだった




そんな時にバンドをやっていて


ただ楽しかっただけなのに




身近な人が褒めてくれて




夢みたいなことを
冗談で言ってみたら




「応援するよ」なんて言ってくれて




だから僕はその一つの光に
必死でしがみついていただけだった




メンバーも含めて
みんなが僕を支えてくれていた




そうやってこのバンドで沢山のことを経験して


沢山の目標ができた




それでも僕はその未来のことを夢なんて思えなかった


いつも逃げ道の途中
そう思っていた




そしてこの逃げ道に出会えたことは
僕にとって何よりの幸せだった




20年経って
やっと気づいたよ




僕はとっくの昔に夢を叶えていたんだ




ジェリービーンズと出会えたこと
そのものが夢だった




続けることが凄いなんて思わない


僕だけでは絶対無理だったから


ただただ出会えた全てに感謝しかない






だから僕は言うんだ


僕だから言えると思う




逃げた先にもちゃんと道があって


そこにもちゃんと幸せがあるから


君は君の思うように


君が嫌じゃない場所を探してごらん


それが道になって


夢になっているかもしれないから





雄介