大宝西保育園講演ライブ 1/19

栗東市立大宝西保育園で講演ライブをお届けしました。

聞いていただいた皆さんありがとうございました。

 

先生の手作りの看板やポスターなど会場に沢山飾ってくれていました。

どれも素敵で優しくて元気をもらいました。

ありがとうございます。

 

 

 

今日の講演は保護者さんに向けてです。

【H♡Tたいむ】

保護者のみなさんがほっとできる時間になるように願いを込めて、定期的に人権講演をされています。

子ども達を送ってきてそのまま参観があり、その後が僕らの講演ライブです。

たくさん残っていただいてありがとうございます。

 

 

 

講演後にはその場でクラスごとに輪になっての意見交換会が行われました。

 

 

講演の感想や自分の子育てについて打ち明けていく中で涙を流されている方も沢山おられました。

自分の思いを話すこと。

相手の話をきくこと。

その時間は何より大切だと思います。

素敵な時間にご一緒させていただいて本当にありがとうございました。

 

 

今日を含め活動の中で感じること。

 

出会う子ども達はみんな幼い心でそれぞれに悩み、言葉に出せなくても必死で歩こうとしていた。

そして見守る親や保護者さんも、その子の幸せを願いみんなみんな一生懸命でした。

子ども達が今を生きてくれていること、そばで幸せを願うことはこんなにも尊いということ。

誰かと想い合うことは、たとえ親子であっても奇跡だと思うんです。

 

愛すること、大切にすることで、すれ違ってしまうことも沢山あったでしょう。

人と同じようになんて本当は考えなくていいのに比べてしまったり。

 

どんな問に対してもその子とあなたの間にだけ正解があって、それは他の誰とも当てはまらない。

 

うまくいかなくて当たり前。

思い通りにいかなくて当たり前。

 

考えすぎず悩みすぎず心に余裕を持つことがとても大切なこと。

だけど現実の中でそれは難しい。

 

だからせめて心に置いておいてほしいんです。

自分を大事にすること、それは子どもを大事にすることだと。

 

僕らが子どものころ、親は僕らのことに一生懸命すぎました。

だからいつも泣いていた。

その姿を見るのはとても辛かったです。

 

だけどたまに自分の好きな映画や、趣味の絵画鑑賞に僕らを誘ってくれることがありました。

自分の好きなことで笑っている親の姿は、とても優しくて僕もとても嬉しかったです。

『いつもこんな風でいてほしい。』

僕はそう願っていました。

 

幸せは人に伝わるものです。

それは親からでも子からでも同じこと。

みんな大切な人の幸せを願って生きているのだから。

 

今日という日に皆さんと出逢えて幸せでした。

それぞれのこれからを心から応援しています。

出逢ってくれてありがとう。

 

(写真はみなさんの許可を頂いて掲載しています。)

 

 

【JERRYBEANS講演ライブ依頼・お問い合せはこちらまで】

〈Tel〉080-9750-4646

(10:00~17:00 平日のみ ※都合により出られない場合がございますので、その際は留守番電話にご用件をお話しください)

〈Mail〉

jerrybeans2010@gmail.com