不登校が病気というなら

不登校が病気というなら

立ち止まったり

休んだりすること自体が病気になる

不登校が異常というなら

僕らには学校という選択肢以外にないことになる

「生きる」という答えを選んだ時に

それが学校じゃないことがある

その選択は「生きる」ためにとても正常なことだ