カウントダウン

 
 

 
 

カウントダウン
 
 
この歌は君が
一人で歩いていくための歌
 
小さくだけど君にも聞こえるだろう
少しずつ早く大きくなる
心の足音が
 
立ってるだけで本当はすごいんだ
でも君は歩こうとしている
震えながら堂々と
 
待っている人がいなくても
寂しくて泣きそうでも
少し耳をすましてごらん
 
ほら君が旅立つための
力強い歌声が聞こえるかい
情けないその手を笑いながら
震える体には言ってあげよう
 
「君は一人きりじゃない」
僕の声が聞こえるだろう
 
小さくだけど君には聞こえるだろう
助けを呼ぶ自分の声が
いつまで見て見ないふりを
しているんだい
 
愛する人がいなくなって
信じることができなくなったら
まわりをよく見てごらん
 
ほら僕が君のために
力いっぱい声枯らして歌うよ
情けない顔していたっていいんだ
震える体とは手をつなごう
 
「何も恐いもんなんかない」
こんな歌が聞こえるだろう
 
君が生きていくこの世界は
キレイなものばっかじゃないだろう
そのつど諦めそうになるとき
僕が君のために歌っていること
思い出して
 
ほら僕ら君のために
力いっぱい声枯らして歌うよ
情けない顔していたっていいんだ
青空見上げて歩き出そう
ほらまわりを見渡してごらん
みんな君のために歌っているよ
 
「君は一人きりじゃない
何も恐いもんなんかない」
僕の声が聞こえるなら
きっと素晴らしい未来へ
行こう

 


 
カウントダウンを書いた思い
 


 
楽曲一覧ページへ