命の景色

 
 

命の景色
 
 
「命ってなんだろう」
一人の人間が崖の先に立って
ふとつぶやいていた
 
悲しさはとうに渇いてしまっていた
後に残ったのは疲れきった心だけ
 
「どこにもなかったよ 私の場所」
そして最後の一歩を踏んだ
 
最後に見える世界の景色
なぜ今更綺麗に映る
涙はもうでないけれど
疲れた心が泣いている
「さよならね‥」
 
バキッ バキッ
となにかが折れる音がした
身体に引っ掛かって
落ちるのを食い止めた
 
それはもうなんとも か細い枝だった
私は必死に外そうともがいていた
 
「もう離してよ もう逝かしてよ」
怒鳴り声をあげながら気づいた
 
よく見るとそれは小さな手
必死に掴んで離さない
折れた腕 気がつけば
私はそれにしがみついていた
震えながら 喚きながら
 
忘れた涙が溢れていた
温かい涙がこぼれた
生きているうちに一つでも
そんな手があれば十分だ
 
最初に見える命の景色
なぜこんなに綺麗に映る
涙でもう滲むけれど
疲れた心が輝きながら叫んでいる
 
「ほら生きていくよ」

 


 
楽曲一覧ページへ